大型噴霧水発生装置付き送風機(ダストファイター)NETISに登録

 この度、弊社がイタリア タワーライト社より導入し、日本の現場向けに改良を加えレンタルを行っている「大型噴霧水発生装置付き大型送風機(ダストファイター)」が国土交通省近畿地方整備局にて審査のうえ、公共工事における新技術活用システム(NETIS)に登録されましたのでお知らせいたします。
  この商品は、ポンプにて加圧された霧状の水を発生させる装置と自動首振り機能を持った大型送風機を一体化することにより、微細な噴霧水と風の力で現場の粉塵や土埃を広範囲に抑制するものです。

 

大型噴霧水発生装置付き送風機(ダストファイター)

【登録・公開された情報】

新技術名称 大型噴霧水発生装置付き送風機
(ダストファイター DF7500)
NETIS登録番号 KK-130050-A
登録日 平成26年3月11日

 

【開発会社・部署】

・西尾レントオール株式会社 技術本部 技術開発課

 

ダストファイター性能(垂直方向)

ダストファイター性能(水平方向)

【仕 様】

入力電圧 三相 200V
ファン出力 7.5kW
吐水圧力 0.6MPa
吐出水量 毎分44リットル
水の補給方法 水道直結もしくは外部タンク
送風量 毎分52.9m³
旋回範囲 自動首振り装置付き 335度
外形寸法(L×W×H) 1,940 × 1,400 ×2,143 mm
本体重量 940kg
操作方法 リモコンによる遠隔操作

 

【メリット】

従来、工事現場等における粉塵や土埃の飛散の抑制は、消防ノズル(1~1.5インチ)をつけたホースから作業員が散水する方法等で抑制していましたが、ダストファイターを活用することにより、

 

◆上記性能図の通り、高圧噴射された霧状の水を大型送風機で広範囲に噴霧することが出来る。
◆水の粒子が約200ミクロンに微細化されているので粉塵の吸着量が増し、水の使用量が抑えられる。
◆自動首振り機能を備えているので、散水開始・終了時のみの操作で現場の省人化が図れる。
◆ミストを散布しているので、夏場は現場の環境対策にもなる。(外気温が約4℃ 低下)

 

弊社では、現在20台弱を保有し、全国のお客様にレンタルにてご活用いただいております。 レンタル料等につきましては、各営業所にお問合せください。

前のページへ戻る