うめきた2期区域用地平成29年度暫定利用事業者に西尾レントオールが選定されました

西尾レントオール株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西尾 公志)がうめきた2期区域暫定利用検討委員会より「うめきた2期区域用地 平成29年度暫定利用事業者」に選定されましたのでお知らせいたします。
 

JR大阪駅北側の再開発事業である“うめきた2期”では、みどりや環境等をテーマにしたイベント、スポーツなどをテーマにした市民参加型・体験型のイベント、食や音楽のイベント、最新技術の展示やエネルギー利用技術の実証実験など、平成29年度はより多彩な事業が展開される予定です。
そのような中、西尾レントオール株式会社では以下の事業を行う予定になっております。

 

■うめきた2期 西尾レントオール事業内容
【事 業 名 称】うめきた発見伝
【日程(予定)】平成29年4月中旬~平成29年5月中旬
【 内  容 】
うめきたが持つ優れた立地ポテンシャルを活かして、一般社団法人ハーレンフースバルJAPANの主管によるドイツ式壁有り5人制室内サッカー「ケラミックカップ2018日本予選大会」関西予選の開催、日本財団パラリンピックサポートセンター共催によるパラスポーツの体験イベントの実施を通じて、将来を見据えた新たなスポーツ文化の訴求を図ります。
また、会場には大型テントであるTFSテントと仮設床材スポーツコートを使用します。これらを使うことで建物や場所を従来の使い方以外の方法でも活用が可能です。うめきた2期のテーマにもある環境への配慮として、リユース・リニューアルの観点からスペースの効果的な活用を行っていきます。
又、移動式キッズパークも開催し、地方活性化の一翼を担うイベントも実施します。
 

■本件に関する問い合わせ先
西尾レントオール株式会社 RA大阪営業所
担当:日野
TEL:06-4258-2401

うめきた発見伝特設ページ

 

 

会場イメージ図
 
うめきた2期 暫定利用事業に関する情報は以下をご参照下さい。
大阪府ホームページ/報道発表資料

大阪市ホームページ/報道発表資料

UR都市機構ホームページ/西日本支社

前のページへ戻る