排土板支援システムが国交省 新技術情報提供システムで「-VE」格付けを取得

 弊社のオリジナル商品である、排土板支援システムが、国土交通省 公共工事における新技術情報提供システム(以降 NETIS)で「-VE」の格付け(安定した技術で、今後の活用調査、事後評価の必要のない技術)となりました。
 当システムは、2013年3月にNETISに登録され、その後 使用いただいたお客様より多数の事後評価表を提出いただくと共に「従来工法より優れる」という高い評価を多数いただけたことにより、今回 格付けアップとなりました。
 今回の格付けアップにより、お客様が排土板支援システムを新技術として「経済性、工程、品質・出来形、安全性、施工性などで活用」される場合、使用計画書は従来どおり作成頂かないといけませんが、事後評価表を提出しなくても加点対象となります。
 
※排土板支援システム:TS・GNSSの習得位置情報をもとにブルドーザの排土板の高さ、勾配を運転席にあるモニターでオペレータにガイダンスするシステムです。
 
 【国土交通省概要説明情報へリンク(NETISホームページ)】
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetailPreview.asp?REG_NO=SK-120008&TabType=2&nt=nt&pFlg=1
  
【NETIS登録商品一覧】
http://www.nishio-rent.co.jp/suggestion/netis/#Netis01

前のページへ戻る