沿革 | 西尾レントオール株式会社沿革 | 西尾レントオール株式会社

 
 

沿革

1959年(S.34)

会社設立

電気器具の部品加工並びに販売を目的として宝電機株式会社を設立。

→後、公認会計士、税理士として関与していた西尾晃(前社長)が経営を任され、「労働集約型」の業務形態から「資本集約型」へと大転換した。

1965年(S.40)

建機レンタルのスタート

道路機械のレンタルを開始。

→高度成長期、交通網の整備が進み道路機械が不足する場面でレンタルが活用された。(不足分のみのレンタル需要)

〜70年代

営業ネットの拡大

万博、新幹線、高速道等の工事にともない営業所を全国に拡張。

→70年代後半、オイルショックで工事量は低下するが、「省エネ、省資源」がテーマに。

1978年(S.53)

総合レンタル業に業容を拡大

レンタルの総合化をめざし、対象領域・取扱商品の拡大へ。

→社是を制定「総合レンタル業のパイオニアとして経済社会に貢献する」

イベント関連・民生品のレンタル(レントオール)を開始。

「大塚工場」に資本参加。

1979年(S.54) 米国スピードショア社との資本提携により合弁会社「日本スピードショア」を設立。
高所作業機を全国展開・タワークレーンのレンタル開始。
1981年(S.56) 総合レンタルショップのフランチャイズチェーンの展開を開始。
1983年(S.58)

トンネル機械専門の「三興レンタル(現ニシオティーアンドエム)」を設立。

西尾レントオール株式会社へ商号変更

〜80年代

→工事量の拡大傾向続く。レンタル需要も拡大。

→専門商品部門や子会社の設立を進める。

→この時期より、オリジナル商品の開発が活発に。

1989年(H.1) 卸レンタル専門会社「アールアンドアール」を設立。
1990年(H.2)

公開会社になる

社団法人日本証券業協会の承認を得て店頭売買銘柄(現ジャスダック)として登録。

1992年(H.4)

海外への進出

「ニシオレントオール マレーシア」を設立。

1993年(H.5) 建設現場の安全と環境を考えるマンガ広報誌「安全くん」を創刊。
大阪証券取引所 市場第ニ部に上場。
1995年(H.7) 「タイ レントオール(現ニシオレントオール タイランド)」を設立。
1998年(H.10)

M&Aによるグループ総合力の拡大充実

環境対策機器のレンタル会社「三央」をグループ化。
測器部門がISO9002の認証を取得。

→その後、各専門商品部門が取得

1999年(H.11) 都市土木に強い、建機レンタルの「サコス」及び
「ケンキセンター(現ニシオレントオール シンガポール)」をグループ化。
2002年(H.14) 大阪証券取引所 市場第一部に指定替え。
2006年(H.18) トンネル・ダム工事用機械の賃貸及び販売を行う「新ケービーシー
(現ニシオティーアンドエム)」の営業を開始。
2008年(H.20) タワークレーンの設置・運用管理などの業務請負を行う「ニシオワークサポート」を設立。
2009年(H.21) 三興レンタル、新ケービーシーを合併し、「ニシオティ-アンドエム」を設立、営業開始。
北海道営業部を分離独立させ、「ニシオレントオール北海道」として営業開始。
建設機械の整備・製造・販売を行う「山﨑マシーナリー」をグループ化。
2010年(H.22) ニシオティーアンドエムが、「トンネルのレンタル」を合併。
九州の建機レンタル会社「ショージ」をグループ化。
特殊搬送車両メーカー「新トモエ電機工業」が営業開始。
2011年(H.23) 神奈川営業部を分離独立し、「ニシオレントオール神奈川」として営業を開始。
2012年(H.24) 「ニシオレントオールベトナム」を設立。
2013年(H.25) 東京証券取引所市場第一部に上場。
2014年(H.26) 「ニシオレントオールインドネシア」を設立。
2016年(H.28) オーストラリアの高所作業機レンタルを中心とした「スカイリーチ グループ」をグループ化。

企業情報トップ