新人研修制度 | 西尾レントオール株式会社新人研修制度 | 西尾レントオール株式会社

 
 

新人研修制度

全国各地で開催する内定式が終われば、社会人となる為の準備として、入社前レポートという形で、社会人の基礎を勉強してもらいます。4月の第1週には、新入社員集合研修を行います。その後、いよいよ配属先に赴任。しかし、まだまだ右も左もわからない状態。1年間はOJT研修を行い、先輩社員(OJT)がマンツーマンで実務指導を行います。
夏と冬に2回のフォロー研修を実施し、全国の同期との情報交換と、今後の自らの進め方を確認。新入社員としての一年間にわたる研修を終えた後は、いよいよ本格的なビジネス社会への船出となります。

入社前レポート

 
NISHIOのレポートは、単に問題を解いて会社に提出するだけのものではなく、内定者2人1組でレポートを互いに添削しあいます。同じ学生という立場であっても、考え方は十人十色。自らの考え+パ-トナーの考えを知ることで、もう一段深く考えることができ、最後に教育担当よりコメント付きで返送されるレポートで、更に考えを深めることができる「一粒で三度おいしい」レポート。多面的思考を養うための入社前研修です。

新入社員集合研修

 

入社式と併せて、研修を1週間泊まり込みで行います。会社のこと、ビジネスマンとしての基礎など、NISHIO社員として知っておくべきことを講義形式・ゲーム形式など、様々な形で学びます。意識と自覚を持つだけでなく、今後の良き仲間でありライバルとなる全国の同期と絆を深めてもらうことも目的です。「こいつには絶対負けない」というライバルを見つけ、切磋琢磨し成長してくれることがNISHIOの願いです。 rookietraining_training1

OJT研修

 
配属先に赴任後、先輩社員がマンツーマンで実務から時としてプライベートな相談までしっかりと指導してくれます。
自信はあるけれど、やはり不安はつきもの。特に何をどうして良いかわからない入社1年間をOJT担当者がしっかりサポートし、成長の勢いをつけてくれます。

フォロー研修

 

<第一研修>

夏頃に実施します。 技術系資格の取得と同期との情報交換会を実施。レンタル業にとって最も大切な要素である「安全」。その重要性を認識し、「自分は何の会社に入社したのか?」を再認識してもらうことが、この研修の大きな目的です。
<第二研修>

年末に実施します。 ビジネスマンとしての基礎知識習得と、10月に設定した初めての年間目標(チャレンジシート)の内容を再検討し、今後の進むべき方向性を打ち出していく為の研修です。もちろん、各地でじっくりと力を蓄えている同期同士で情報交換を行うことで、横のつながりを強化することも大きな目的になります。
rookietrainingtraining2

以降の研修体系

 

全員一律での研修は1年目で終了。2年目以降になると、それぞれに任される分野がどんどん大きくなってくることから、職種別・階層別の研修体系に移行していきます。そして、大きな目標となってくる研修が、昇格研修への参加です。昇格研修とは、社内での格付けを昇格させるための試験と同時に実施されるものです。参加資格を得るためには、社内で定められた要件を満たすことが必要となります。頑張る社員には、会社側も最大限応える。これがNISHIOの教育スタイルであり、人材育成の基本姿勢です。 rookietrainingtraining3

採用情報トップ