ニシオの経営 | 西尾レントオール株式会社ニシオの経営 | 西尾レントオール株式会社

 
 

ニシオの経営

 

 

経理部 部長 大谷祥之

財務の安定性について

 

ニシオはレンタル会社!!
多くのレンタル商品を保有し続けるには、財務の安定性がかかせません。
そこで会社における私の役割は、金庫番!!
財務基盤を「損先利後」の進め方で、更に強くしようと考えています。
損先利後(そんせんりご)
「損失(費用)を先送りせず、積極的に取組むことで将来の負担を軽くし、身軽で強い会社を作る」ことを現した社内用語です。
例えば、固定資産・償却方法の定率法採用がこれにあたります。
定額法に比べて早期費用化を行い将来の償却費負担を少なくし、利益を出しやすくしています。
  財務の安定性について
・ニシオの自己資本比率 45.1%(2014.9現在 連結での数値)
            全産業の総平均 21.1% 
            ※出典 帝国データバンク
            2013年度全国企業の財務分析より

今後の事業環境の変化にも充分、対応出来るよう、更に財務基盤を強化、磐石なものとし、より一層ご安心いただける会社にしていきたいと考えています。
将来を見据え、スピード感を持って「王道で」チャレンジしていく!!
「経理」という仕事を通じで「経済社会に貢献する」ことを喜びとして励んでいます。

 

 

総務人事部 課長 野﨑訓功

目標管理

 

当社の目標管理制度は、各自が設定した年間目標を、ランクUPノートというツールを活用して、月間→週間→日々と目の前の行動にまで落とし込み、その集大成で全社目標を達成させようというものです。
人事担当者として、社内研修等で毎年たくさんの社員のランクUPノートを見てきましたが、強く記憶に残っている社員がいます。
採用面接時は控えめで大人しく、正直「営業職としては厳しいかな?」と多少不安に思った入社3年目の彼のノートを見ると、3ヶ月先までの営業ビジョンがびっしりと、とにかく具体的に記入されていました。
行動のイメージを沸かせられる計画が立てられるこの社員は絶対伸びる!と確信した通り、同期よりいち早く昇格試験を突破!
控えめで大人しい姿は変わらずとも、人材としての成長に驚かされたと同時に、あらためて計画立てて物事を進めることの大切さと、目標管理の本質を感じることができました。
  目標管理

Power of NISHIOトップ